達人プログラマーを目指して

ホーム

達人プログラマーになるなら、3つの方法で精神力をアップしよう

メインメニュー

特集メニュー

日光・運動・睡眠を味方につける

日光・運動・睡眠を味方につける
LINEで送る

日光浴がもたらす効果

体調や精神状態を整えるには、日光を浴びることが非常に重要な意味を持ちます。太陽の光は人の精神状態と密接に関わっており、日照時間の少ない地域ではうつ病になる人の数が増加します。冬にだけ症状が出る「冬季うつ病(ウインターブルー)」は、日照時間の少ない雪国でかかる人が多く、日照量の増える春先になると回復するのが特徴です。 ではなぜ日光不足が不調をもたらすかというと、それは「セロトニン」という脳内物質が不足するためです。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神の安定に深く関わる物質。セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れて強いストレスを感じるようになり、症状がひどいと日常生活にも支障が出ます。 太陽光にはセロトニンの分泌を活発にする効果があるため、日光を浴びる時間が少ないと心身に不調が出るというわけ。セロトニンを分泌させるためにも、日照量の少ない季節は意識的に日の光を浴びることが大切です。外出の習慣が少ない人も、散歩などで意識的に太陽の光を浴びるようにしましょう。

運動がもたらす効果

ストレスが溜まった状態では、集中力が落ち仕事の生産性が落ちてしまいますよね。達人プログラマーになるには、しっかり休んだり趣味に時間をとるなど、自分なりのストレス発散の方法を身につけることが欠かせません。 その中でも、心の安定のためにぜひ取り組んでいただきたいのが運動です。運動習慣がない人は運動する人に比べて「イライラしやすい」「何かをするのが億劫になりやすい」といった傾向があり、運動は身体を鍛えるだけではなく、心の安定に寄与することがわかっています。 運動をすると自律神経が整い思考が前向きになるといわれており、特にリズム運動はセロトニンの分泌を促してくれるといわれます。リズム運動とは、一定の動きをする運動のことで、具体的にはウォーキングや水泳、自転車こぎ、スクワットなど。運動は苦手…という方も、できることからで良いので何か始めてみるのがおすすめです!

睡眠がもたらす効果

睡眠は心身の安定のために忘れてはならない重大要素の1つです。健やかな睡眠は日々の活力の源であり、睡眠の質と日中の活動の質は表裏一体。よく眠れないと日中に眠気やだるさに襲われ、当然集中力も下がってしまいますよね。夜眠れない、寝つきが悪いという人は、次の習慣を実践してみてください。

・眠くなってから布団に入る
・昼寝は15時までに済ませ寝すぎない
・就寝の1~2時間前にお風呂に入る
・寝る前にスマートフォンなどの液晶画面を見ない

不眠に悩む人は、「今から寝る」と意識するとかえって目が冴えるので、眠気を感じてから布団に入るのが良いでしょう。生活パターンにもよりますが、就寝の1~2時間前にぬるめの湯につかると、お風呂で上がった体温がその後急速に下がり、眠気が訪れやすくなります。 また、これはやっている人が多いと思いますが、寝る前にスマートフォンなどの液晶画面を見るのは避けましょう。明るい光を浴びると、脳が「今は昼間だ!」と勘違いして眠気を遠ざけてしまうからです。できれば就寝前は部屋の明かりを間接照明にして、落ち着いた雰囲気をつくり出しましょう。 ご紹介した、「日光」「運動」「睡眠」の3つを意識するだけで、毎日の気分が今より爽やかになり、仕事の能率もアップするはず!特に生活習慣が乱れがちという方は、ぜひその見直しに力を入れてみてください!

営業マンも活かせる記事

経営者にも求められる知識
経営者にも求められる知識

経営者にもプログラマーなど技術的な知識は必要です。なぜなら新しい技術を導入して開発を行う際、技術的な知識がないと判断ができないからです。技術だけでなく現場にとってどのような影響があるのかも把握できていないと全体を管理することはできません。ですから特に技術系の企業には、プログラマー出身の経営者が多いのです。技術には、その技術をどのように実現するかという面と、その技術で何ができるかという2つの面があります。ビジネスとして成功するために経営者は両者を把握しておく必要があります。

社交性ではなくコミュニケーション
社交性ではなくコミュニケーション

プログラマーの中にはコミュニケーションが得意ではないという方は多いかもしれません。しかしよく話を聞いてみると、不得意なのはコミュニケーションではなく社交性だったということがあります。プログラマーにとってコミュニケーション能力は大事ですが、社交性は必須ではありません。プログラムを作成するには要望を聞いて開発を進める必要があるため、相手の意見を聞け、自分の考えを仕えられる「コミュニケーション能力」は必須となります。しかし人との会話に花を咲かせるような社交性はなくても仕事をすることはできます。

振り返りを日常化
振り返りを日常化

「振り返り」という作業を行うと、ステップアップの効果があります。個人でやってもチームでやっても効果がありますが、チームでやるとまとまりが出てきたり、様々な問題や改善策を共有できるようになるため、ぜひ振り返りをすることをおすすめします。振り返りは、ここまでの経過を振り返って良いところと悪いところを書き出し、そこから改善策を考える作業のことです。次の振り返りまでに改善策を試してみて、そこでまた振り返りを行うといったように定期的に振り返りを行うことでステップアップしていくことができます。

ページトップ