達人プログラマーを目指して

ホーム

達人プログラマーを目指して技術力を上げるには?

技術力を上げるには

技術力を上げるには

メインメニュー

特集メニュー

プログラマーとして技術力を上げるためには、自分の価値を常に意識しながら絶えず勉強を続けること。そして、あらゆる実践経験を積むことが重要です。派遣プログラマーなど、働き方を変えることで経験値をあげるのも達人プログラマーを目指すひとつの方法です。レベルがあがれば、高収入を得ることも可能になり、フリーランスプログラマーとして独立する道も開けてきます。フリーランスになるなら営業はプロに任せて高単価案件を獲得することを考えましょう。

サブテーマの記事一覧

自分の価値を意識

自分の価値を意識

いざプログラマーの仕事に就くと勉強をおろそかにしてしまう人は多いものです。プログラマーにとって勉強は必須です。仕事が忙しくても勉強の時間を取るように心がけ、次の段階へと上がれるようにしましょう。自分のプログラマーとしての価値を高めるためには、自分がプログラマーとしてどう評価されるかを普段から意識しながら行動するようにしましょう。そして将来のプランを具体的に立ててそれに向かって勉強したり努力するようにしましょう。

派遣で学べる様々なこと

派遣で学べる様々なこと

派遣に対してネガティブなイメージを持たれている方もいるかもしれませんが、実際には派遣という働き方には様々なメリットがあります。まず、様々な会社で働くことになりメンバーも変わるため、いろいろな人から指導を受けられるというメリットや人脈を広げられるというメリットがあります。また、様々な会社で働いた経験によって自分の人材価値を高めることもできます。プログラマーが派遣で働くならITスタッフィングやエンジニアガイドに登録して活用することをおすすめします。

フリーランスで報酬もUP

フリーランスで報酬もUP

最近はフリーランスとして働く人が増えてきました。そこでフリーランスとして働くことで得られるメリットを紹介します。フリーランスになると報酬のアップが望めます。自分のスキルがきちんと評価され給料に反映されるため、スキルのある人は給与アップが望めます。また、フリーランスで働くとスキルアップができる仕事を選んで働くといったこともできます。どのようなスキルを持った人になりたいのかを自分で決めてそれに向かって働くことができます。フリーランスになると自分のペースで仕事ができるというメリットもあります。

営業はエージェントにお任せ

営業はエージェントにお任せ

プログラマーがフリーランスになった時、プログラミングのスキルや税務の知識の他に、仕事を獲得するための営業の能力も必要になります。この営業の部分を代行してもらえるのがエージェントです。エージェントに営業を任せると、自分にマッチした仕事を探してくれたり、様々な面倒な手続きを代行してくれるなど様々なメリットを得ることができます。プログラマーがエージェントを利用するなら、業界を熟知している「レバテックフリーランス」や「エンジニアファクトリー」がおすすめです。

営業マンも活かせる記事

経営者にも求められる知識
経営者にも求められる知識

経営者にもプログラマーなど技術的な知識は必要です。なぜなら新しい技術を導入して開発を行う際、技術的な知識がないと判断ができないからです。技術だけでなく現場にとってどのような影響があるのかも把握できていないと全体を管理することはできません。ですから特に技術系の企業には、プログラマー出身の経営者が多いのです。技術には、その技術をどのように実現するかという面と、その技術で何ができるかという2つの面があります。ビジネスとして成功するために経営者は両者を把握しておく必要があります。

社交性ではなくコミュニケーション
社交性ではなくコミュニケーション

プログラマーの中にはコミュニケーションが得意ではないという方は多いかもしれません。しかしよく話を聞いてみると、不得意なのはコミュニケーションではなく社交性だったということがあります。プログラマーにとってコミュニケーション能力は大事ですが、社交性は必須ではありません。プログラムを作成するには要望を聞いて開発を進める必要があるため、相手の意見を聞け、自分の考えを仕えられる「コミュニケーション能力」は必須となります。しかし人との会話に花を咲かせるような社交性はなくても仕事をすることはできます。

振り返りを日常化
振り返りを日常化

「振り返り」という作業を行うと、ステップアップの効果があります。個人でやってもチームでやっても効果がありますが、チームでやるとまとまりが出てきたり、様々な問題や改善策を共有できるようになるため、ぜひ振り返りをすることをおすすめします。振り返りは、ここまでの経過を振り返って良いところと悪いところを書き出し、そこから改善策を考える作業のことです。次の振り返りまでに改善策を試してみて、そこでまた振り返りを行うといったように定期的に振り返りを行うことでステップアップしていくことができます。

ページトップ