達人プログラマーを目指して

ホーム

技術力のある達人プログラマーはエージェントに営業をまかせて高単価案件ゲット

メインメニュー

特集メニュー

営業はエージェントにお任せ

営業はエージェントにお任せ
LINEで送る

フリーランスにとっての営業

みなさんはプログラマーがフリーランスになる時に、必要なスキルにはどのようなものがあるか考えたことがあるでしょうか?プログラミングのスキルはもちろん必要ですが、他にも税務に関する知識なども必要になります。そしてフリーランスになったのですから仕事を獲得するための営業というスキルも必要になります。フリーランスにとってはこれが一番重要かもしれません。特定の専門的な分野では、それができるプログラマーが少ないというケースがあります。レアなわけですから普通でしたら需給の関係でプログラマーの報酬は高くなるはずですが、実際にはレアな技術を持つ技術者の報酬は必ずしも高いわけではないのです。なぜならレアな技術者がそういった仕事を探せるとは限らないからです。
つまり、仕事を探す能力がなければせっかく技術を持ってても宝の持ち腐れになりかねないということになります。

自分に合った仕事を見つけるには

フリーランスになると仕事を探す営業の能力が重要になるわけですが、営業が得意ではない人もいることでしょう。また、営業はそれなりにできるけれど、営業に時間をかけたくないという方もいるかもしれません。そういった方は、営業をエージェントに任せてみることをおすすめします。エージェントは面倒な営業を代行してやってくれます。自分で仕事を探すよりも条件が良く自分にマッチした仕事を探し出して紹介してくれます。また、エージェントを使えばその分だけ技術を高めることに専念できるようになります。フリーランスとして成功するか否かが決まるポイントはいくつかありますが、まず自分にマッチした仕事を見つけないことにはフリーランスになって成功することはないと言えるでしょう。

「レバテックフリーランス」

エージェントを利用することのメリットはおわかり頂けたかと思います。そこでここではプログラマーの方ならぜひ活用したいエージェントのサイトを紹介したいと思います。
まずは「レバテックフリーランス」です。レバテックフリーランスは、プログラマーの求人案件を豊富に揃えています。

もっと知りたい方はこちらから公式サイトへ移動 レバテックフリーランスでは業界に精通したコーディネーターに希望を伝えると、条件にマッチした案件を紹介してくれます。 もっと知りたい方はこちらから公式サイトへ移動

カウンセラーは技術に関する知識や業界の情報もよく知っているため頼もしい存在になってくれるでしょう。高単価の案件も多数抱えており、自分の要望とのマッチングの精度が高いところも魅力です。フォロー体制もしっかりしているため初めてのエージェントを利用される方でも安心できるでしょう。

「エンジニアファクトリー」

次におすすめするのが「エンジニアファクトリー」です。エンジニアファクトリーは、IT・ウェブエンジニア専門のエージェントです。

もっと知りたい方はこちらから公式サイトへ移動 エンジニアファクトリーは業界を熟知した専門のコンサルタントがいるため、あなたのキャリアをしっかり分析し、マッチした仕事を探してくれます。 もっと知りたい方はこちらから公式サイトへ移動

コンサルタントからは、たとえば「自分が希望するキャリアの実現に足りない部分は何なのか」といった悩みに対して客観的な視点からアドバイスをもらうこともできます。また、利用者の満足度が高いところが魅力でもあります。

エージェントに任せるメリット

エージェントに営業を任せることには様々なメリットがあります。既に紹介したように、自分にマッチした仕事を見つけてもらえるいうメリットがあります。まずは手続きや事務作業が非常に楽になるということです。そして、その作業や仕事探しなどにかかっていた時間が空くので、仕事をすることもできますし、スキルアップや勉強、あるいは休みを取ることにも使うことができます。また、エージェントは業界の様々な情報を持っています。フリーランスが一人で仕事をしていると得られないような情報を聞くようなこともできます。

営業マンも活かせる記事

経営者にも求められる知識
経営者にも求められる知識

経営者にもプログラマーなど技術的な知識は必要です。なぜなら新しい技術を導入して開発を行う際、技術的な知識がないと判断ができないからです。技術だけでなく現場にとってどのような影響があるのかも把握できていないと全体を管理することはできません。ですから特に技術系の企業には、プログラマー出身の経営者が多いのです。技術には、その技術をどのように実現するかという面と、その技術で何ができるかという2つの面があります。ビジネスとして成功するために経営者は両者を把握しておく必要があります。

社交性ではなくコミュニケーション
社交性ではなくコミュニケーション

プログラマーの中にはコミュニケーションが得意ではないという方は多いかもしれません。しかしよく話を聞いてみると、不得意なのはコミュニケーションではなく社交性だったということがあります。プログラマーにとってコミュニケーション能力は大事ですが、社交性は必須ではありません。プログラムを作成するには要望を聞いて開発を進める必要があるため、相手の意見を聞け、自分の考えを仕えられる「コミュニケーション能力」は必須となります。しかし人との会話に花を咲かせるような社交性はなくても仕事をすることはできます。

振り返りを日常化
振り返りを日常化

「振り返り」という作業を行うと、ステップアップの効果があります。個人でやってもチームでやっても効果がありますが、チームでやるとまとまりが出てきたり、様々な問題や改善策を共有できるようになるため、ぜひ振り返りをすることをおすすめします。振り返りは、ここまでの経過を振り返って良いところと悪いところを書き出し、そこから改善策を考える作業のことです。次の振り返りまでに改善策を試してみて、そこでまた振り返りを行うといったように定期的に振り返りを行うことでステップアップしていくことができます。

ページトップ